東京のマンスリーマンションはメリットが豊富で使いやすい!

ベランダに反射する光

CONTENTS

東京のグレードが高いシングル向けのマンスリーマンションの探し方

桜とマンション

数か月程度の長期出張で東京都内のマンスリーマンションを探すときには、間取りよりも賃料の安さにこだわることが多いです。しかし入居期間が長くなるにつれて、次第に部屋の広さや充実した設備にもこだわるようになります。また物件数が多い東京23区内であれば、シングル向けのハイグレードなマンスリーマンションも簡単に見つけることができます。特に1LDKの間取りにこだわりたいときには、希望条件を伝えたうえで不動産業者へ相談するべきです。家賃が50万円を超える最高級の物件も東京都内にはありますが、管理職クラスの人に適しているのは賃料15万円程度のマンスリーマンションです。そしてスピーディーに入居先を決定したいときには、サイト経由で業者に空室状況を確認するのがポイントです。また希望するマンションが満室の場合でも、業者に相談すると条件が類似している物件を紹介してくれます。しかし不動産業者に全面的に依存するのではなくて、一人一人が情報サイトで主体的に物件を探す姿勢も求められます。マンスリーマンションの情報サイトの検索機能を使うと、初めてでも快適に暮らせる物件を厳選することができます。また所要時間検索機能を使うと、通勤や通学に便利なマンション選びもスムーズになります。

東京のマンスリーマンションの魅力は何がある?

現在東京都内には月単位で借りられるマンスリーマンションが多く存在します。基本的には家具家電が備え付けられており、中には食器や寝具などをレンタルしてくれるマンスリーマンションも存在します。東京都内のマンションは普通に借りると初期費用や家賃が高額になります。1年や2年で引っ越すことが決まっている場合、長期割引のあるマンスリーマンションで契約した方がトータルで安くなるなんてケースもあるくらいで、敷金礼金といった初期費用がかからない点も魅力のひとつです。東京の一般的なマンスリーマンションでは賃料、管理費、光熱費、清掃料、契約事務手数料、レンタル料等発生します。賃料、管理費、光熱費など月ごとで見ると一見高く見えますが、初期費用で考えると3万円~5万円ほどで入居できるところが多いです。また、契約手続きが簡単といった点も魅力ではないでしょうか。通常の賃貸契約ではお店で契約手続きを1時間から2時間ほど行うことが一般的です。しかしマンスリーマンションは郵送で契約ができることが多いです。また署名捺印する書類の量も比較的少なく、収入証明書や住民票、印鑑証明書等の書類も必要ないケースが多いです。短いスパンでお引越しの予定があればぜひ一度不動産業者へ相談してみてください。

東京のマンスリーマンションの特徴や使い方

東京に1月など短期的に来る用事がある場合にホテルなどより安く済むマンスリーマンションは、どんな特徴があるのでしょうか。短期的に済む人を想定しているので、入居者がすぐに生活出来るように設備が揃っているのが大きな特徴です。テレビや冷蔵庫やレンジのような家電から、机やゴミ箱やハンガーのようなものが用意されている場合もあります。マンスリーマンションを扱っている不動産業者へ相談すれば東京の物件をいくつか紹介してくれます。マンスリーマンションの契約には礼金や敷金というものがないので初期費用は安くすみます。通常は短期間の利用のための物件ですが、1年程度なら賃料を払うだけですから普通の賃貸マンションより費用はかかりません。退去時も入居者が自由に決める事が出来ますから、急な予定変更が入っても問題ありません。かなりフットワークが軽いのがマンスリーマンションの特徴なのです。具体例として大学受験のために東京に行く必要があるので、短期間だけ借りるという方法もあります。受験するのも1校だけではないでしょうから、マンスリーマンションなら楽に東京の大学を受験出来ます。女性専用のセキュリティがしっかりした物件もあるので、初めての一人暮らしでも安心出来ます。

PICK UP

TOP